ネットワークプリントサービスで楽しむ写真印刷

みなさんは、普段どのくらいの頻度で写真を撮りますか?1990年代半ばごろから、デジカメの普及によって、写真のデジタル化が進み、写真はぐっと身近なものになりました。そして2000年ごろには携帯電話にカメラが付き、撮った写真をすぐにメールで送ることが可能になりました。そして、写真はプリントして見るものから、デジタルカメラや携帯電話の画面で見るものへと変わっていきました。

2000年を過ぎると、携帯電話でありながらパソコンの機能も持つスマートフォンが普及していきます。デジタルカメラの機能には及ばないものの、気軽に持ち歩いて写真を撮り、メールに添付したりインターネットにアップしたりするという目的においては、スマートフォンはカメラの役目も十分に果たしています。

このような時代において、写真をプリントする機会は以前より少なくなったと感じている人も多いことでしょう。家庭用プリンターの性能も上がり、写真も美しく印刷できるようになってはきているものの、印刷にはそれなりのコストがかかりますし、写真のデータをパソコンに取り込んで、あるいはスマホの画面で美しい画像を見られる時代には、やはりプリントは日常的には縁が遠くなっています。

それでも、プリントした写真が大きな役割を果たす場面はあります。例えば、子供の成長の様子や旅行中のスナップを記録として残したいという場合、プリントしてあればいつでも誰でも楽しむことができます。また、写真の保存という点でも、データが消失してしまうリスクを避けることができます。ここでは、ネットワークプリントサービスを用い、写真印刷して楽しむ手段についてお話しします。